2017年11月18日

マイルCS予想

先週のエリザベス女王杯、人気上位陣を主に選択した為、殆ど前目に付けた馬&末脚決め打ちで決まり、無―無―〇で惨敗(TT)
当週に会社で競馬好きの上司との会話で、前でレースを運ぶ馬との話を聞いたが、2着と前走重賞勝ちはフロックでないことを示した。
勝ち馬も今絶好調のミルコ騎乗だった・・・・
今週は『マイルCS』
雨でまたもやパンパンの良馬場が望み薄(><)
3週連続敗退は避けたい!!


◎ 12 イスラボニータ
マイラーズC優勝馬
前走富士sは、ぬかるんだ不良馬場の中、末脚伸ばし、2馬身差完敗ながら2着と秋初戦としてはまずまず。
鞍上には現在の主戦リーディングジョッキーのルメール、安田記念を除けばマイラーズC優勝2着4回と好成績!!
3歳時の皐月賞以来の戴冠へ。
リーディング手腕


〇 11 エアスピネル
富士S優勝馬
前走ステップレースの富士S、不良馬場をものともせず〇に2馬身差の完勝。
鞍上に一昨年の覇者モーリスを導いたムーアにスイッチ!
雨の影響が残るであろう馬場に、前走の完勝の姿がダブる!?
鞍上爆強化!!


▲ 7 レッドファルクス
スプリンターズS優勝馬
前走スプリンターズSは、中段から一気の末脚で内から抜け出したレッツゴードンキの勝利を寸前で打破!!
春に安田記念を不利がありながら僅差三着と好走、マイルへの適正も見せ。
鞍上に主戦ミルコの弟クリスチャン・デムーロを配し、今秋は2週連続重賞勝ちも見せるなど好調。
短距離統一可


△1 10 クルーガー
富士S3着馬
骨折明けの春の一戦は惨敗も、一息入れての今秋初戦の前走富士Sは不良馬場でも上がり最速で3着と復調を見せる。
鞍上シュタルケは、ドイツの名手で日本でも重賞4勝を挙げる。
好走可

△2 5 サトノアラジン
安田記念優勝馬
前走天皇賞・秋は、極悪馬場でまったく走らず回ってきただけ?の18着どん尻フィニッシュ・・・・
調教師によれば調教並みの運動量とか(^^;;
今回も、前回並みとはいかぬまでも、馬場は悪そうで、自慢の末脚が不発の可能性大も、実力は無視出来ず(><)
馬場次第

× 18 ペルシアンナイト
皐月賞2着馬
秋初戦の富士Sは、前述の馬場で実力発揮出来ず!?
アーリントンC優勝から惨敗のダービー、2着の皐月賞から更に向くと思われ。
鞍上にミルコロガシの造語が出来るほど好調なミルコ・デムーロが▲をパスしての騎乗。
真価問う


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 16:59| 秋田 ☔| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

タイヤ交換

明後日日曜からどうやら雪模様・・・・
先週土曜にあらかじめタイヤ交換をいつものディーラーに頼んで終わっているので無問題^^
昨年は予約日前に雪で、慌ててGSで長時間待っての交換の苦い経験(><)

ただ、タイヤも一部(母のミスで穴あき交換)を除いて、今シーズンが5シーズン目に突入でそろそろ限界・・・・
来シーズンは新しいのを買わないといけなさそう。
posted by HAL at 23:02| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

エリザベス女王杯予想

先々週の天皇賞・秋は、本命のキタサンブラクガ復活勝利も、悪馬場得意のサトノクラウンを過剰人気と馬券的旨み少ないと判断、無印にしたが、キタサンブラックに最後まで食らいつく力走で2着、3着も埒外が入り、◎―無―無と惨敗(><)
先週のJBC3競走は、当日に用事があり、十分な検討時間確保出来ず、前日マイエウ利投票も出来ずで不参加。
まあ、レディスクラシックは全く予想外の結果、他の2レースもまずまずの順当な結果で集中的に配分しないとあまり旨みがなかった感じなので、結果的には温存になったかな。

今週は、古馬牝馬と若き三歳牝馬が激突『エリザベス女王杯』
GT馬4頭参戦でいずれも実力馬、他にも好走出来そうな馬が居たりと、さて?
まだまだ折り返し地点は先、しっかり当てて次週に備えたい!!


◎ 16 ヴィブロス
ドバイターフ優勝馬
前走府中牝馬Sは、海外遠征後初戦も、2着とまずまずの出だし。
鞍上は前走に引き続きルメールを確保と心強い!!
秋華賞馬から世界の名牝への階へ。
鞍上強力3勝目可


〇 10 ミッキークイーン
昨年3着馬
前走宝塚記念は牡馬相手に3着と好走。
脚元の不安でぶっつけで出走も、昨年もヴィクトリアマイル以来で3着になったことから鉄砲は効く筈。
故障の原因から左回りは不振も、右回りでは実力発揮出来。
差無し


▲ 17 ルージュバック
オールカマー優勝馬
前走オールカマーは牡馬に交じっても怯む事無くインを突いて優勝。
鞍上ムーアは、スノーフェアリーで連覇と実力はぴか一!!
好走可

△1 7 クイーンズリング
デフェンディングチャンピオン
昨年の優勝後は不振続くも、前走府中牝馬Sは、出遅れも少差4着と復活の兆し見え。
鞍上クリスチャン・ルメールは、短期免許の今季、すでに重賞2勝と好調。
昨年は兄ミルコの手で戴冠を今年も!?
連覇可

△2 6 リスグラシュー
秋華賞2着馬
前走秋華賞は、雨で悪馬場も2着と好走、GT2着3回目(^^;;
勝ち身に遅いが、安定感は抜群!!
走破圏内

△3 13 ジュールポレール
ヴィクトリアマイル3着馬
春にVM3着と気を吐き、前走条件戦で勝利し、再びOP馬へ。
千八までの経験しかないが、ディープ×母父エリシオで距離には融通効く筈!!
好走出来


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 21:42| 秋田 ☔| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

天皇賞・秋予想

先週の菊花賞は、雨中での極悪馬場の為か、予想したスタミナ勝負&欧州血統向き馬場適正とは違った、死んだふり&爆発力勝負の様相で無―無―無と全く掠りもせず惨敗(><)
今週は古馬伝統の一戦『天皇賞・秋』
紅一点、春のオークス馬参戦に、一敗地にまみれた春古馬中距離GT2勝馬王者の復権なるかと注目の一戦!!
懸念は、先週と同じく雨模様での馬場悪化・・・・(TT)
獲って11月のGTも好調に行きたい!!


◎ 7 キタサンブラック
大阪杯&天皇賞・春優勝馬
前走宝塚記念は、勇躍凱旋門賞挑戦の花火をお打ち上げる勝利の筈が、直線全く伸びず馬群に呑まれ惨敗(><)
すっぱり仏遠征をあきらめ、秋に備え充電。
順調な調整過程を経、ラスト3戦に全力投球!!
鞍上の名手ユタカに全てを託し全勝へ!?
王者復権!!


〇 3 ネオリアリズム
クイーンエリザベス二世C優勝馬
春は新設GT大阪杯ではなく、香港遠征を選択し、念願のGT優勝^^
秋?初戦に札幌記念を選択も、爪不安で回避でぶっつけ本番・・・・
爪不安も解消し本番へ!!
鞍上にドイツの名手シュタルケを配し中央GTを狙う!!
好走出来


▲ 12 ステファノス
大阪杯2着馬
前走オールカマーは、いつもの毎日王冠始動から路線変更し、2着とまずまずの出だし。
間隔を毎日王冠時より空けたことでじっくり調整。
昨年も3着と好走^^
差無し


△1 4 リアルスティール
昨年2着馬
前走毎日王冠は末脚キレ優勝と、往時の勢い取り戻した?
昨年は夏負けからぶっつけも着と好走。
順調な調整過程から今年こそ!?
好走可

△2 13 グレーターロンドン
毎日王冠3着馬
前走毎日王冠は久しぶりの1800m戦も上がり最速タイで3着とまずまずの走り。
先週は近親のキセキが菊花賞戴冠で同じ一族の同馬も奮起!?
父ディープから距離こなす可能性も。
惑星


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 22:38| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

菊花賞予想

先週の秋華賞は、本命馬の懸念の父の中距離実績不足が出たのか失速し敗退も、馬場悪の桜花賞2着を買った〇が再びシルバーメダルで、△1―〇―△2の入線で、馬連15.1倍を少額ながらゲットし回収率150%で、国内GT連勝^^
今週は牡馬クラシック最終戦『菊花賞』
ダービー馬不在&連日の雨で馬場悪必至の中、大混戦で、抜け出し栄冠を勝ち取るのは?
混迷に網をしっかり被せ、しっかり獲りたい!!


◎ 11 サトノクロニクル
セントライト記念3着馬
前走セントライト記念は、好位から粘り3着と出走権利をしっかり取る。
父ハーツクライは当レースの実績無いが、同じ舞台の2マイル戦、古馬の天皇賞春は勝ち馬こそないものの2&3着を複数と長距離実績は不足ない筈。
鞍上の福永もエピファネイアで初制覇、昨年一昨年と連続2着と好実績。
戴冠可


〇 10 ベストアプローチ
青葉賞2着馬
青葉賞2着以外の実績乏しいが、父ニューアプローチはサドラーウェルズ―ガリレオと続く長距離&馬場悪歓迎の血統!!
秋華賞も欧州血統のハービンジャー産駒の1&3着と馬場悪が好成績に。
馬場適正


▲ 6 マイネルヴンシュ
父ステイゴールドはおるフェーブル&ゴールドシップと当レース2勝。
前走2500mの特別戦も、古馬との競り合いを制しスタミナを見せ。
母父コマンダーチーフも馬場悪走破に貢献しそう。
好走可

△1 2 ウンガナドル
長距離実績無いものの、前走新潟記念は古馬との対戦で小差4着と好走。
ステイゴールド×メジロマックイーンはオルフェーブル同配合。
近5年の勝ち馬は全て1〜2枠から。
内枠伏兵

△2 5 トリコロールブルー
重賞実績乏しいものの、父ステイゴールドに、母父ピヴォタルは英セントレジャー勝ち馬を輩出とスタミナの裏付け。
地力有

△3 12 ミッキースワロー
セントライト記念優勝馬
父はディープ産駒、母父はジャンポケと前走セントライト記念で見せたキレにスタミナの裏付けも。
馬場悪化での切れ味削がれるのが懸念・・・・
馬場悪も見限れず


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 22:39| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

秋華賞予想

月曜日の地方GT『南部杯』
デフェンディングチャンピオンの対抗コパノリッキーが圧勝も、2着も中央馬ながらも人気薄ノボバカラが逃げ粘り、〇―無―△2と外れ(><)
今週は牝馬クラシック最終戦『秋華賞』
圧倒的一番人気が予想された、オークス馬ソウルスターリングが天皇賞・秋へとコースを取りまさかの混戦模様・・・・
中央のGTは初戦ゲットしているのでこの勢いを!!


◎ 1 アエロリット
NHKマイルC優勝馬
前走クイーンSは、並み居る古馬牝馬の中、軽快に逃げ切り快勝^^
異例のローテも、過去出走馬1勝3着1回となかなかの実績。
鞍上もデビューから一貫して騎乗の横典。
父クロフネは中距離実績乏しいものの、雨予想で馬場悪化はダート特異な父にはもってこい!!
圧逃も!!


〇 7 リスグラシュー
桜花賞2着馬
前走秋華賞TRローズSは、後方からよく脚を伸ばすも3着も、最低限の仕事は達成。
勝ち見遅いものの、大崩れ無く安定した成績。
馬場悪は桜花賞で経験で鞍上も継続してユタカと好感。
善戦ウーマン返上!


▲ 2 ラビットラン
ローズS優勝馬
前走ローズSはあっと驚く強襲劇で重賞初優勝^^
父タピットは、今米国で活躍馬を次々出している注目馬!!
鋭い決め手は本番でも注目!!
決め手一番!?


△1 14 ディアドラ
紫苑S優勝馬
前走紫苑Sは鋭い脚で前を捉え接戦を制す。
鞍上にルメールを迎え必勝態勢!!
重賞昇格後は無視できないTRとなった紫苑S組。
鞍上注目!

△2 4 モズカッチャン
オークス2着馬
前走ローズS7着と案外も、春の勢いは本物。
叩いての変わり身&馬具変更で見直し。
決め手有る

△3 11 ミリッサ
半姉オークス馬シンハライトは、TRローズS快勝も、故障で引退の幻の秋華賞馬。
良血開花!


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 21:25| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

マイルチャンピオンシップ南部杯予想

先週の凱旋門賞、馬場悪化必至とみてサトノダイヤモンドを切るも、◎−無−〇の縦目で撃沈で、辛うじて単勝を少額ゲットのみで昼のスプリンターズSと連続的中もプラスとは成らず(><)

中央のGTは中休みも、秋の地方のGT第一弾『南部杯』
中央馬の実力抜きん出も、複数有力馬が居、印の強弱が大きな分かれ目に!?
時間も無いので簡単に印のみ。


◎ 2 ベストウォーリア

〇 11 コパノリチャード

▲ 14 カフジテイク

△1 13 ゴールドドリーム

△2 9 キングズガード

買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 15:57| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

凱旋門賞予想

今日の秋のGT開幕戦『スプリンターズS』は、イン強襲から抜け出した〇レッツゴードンキを外から一気に刺し貫いた◎レッドファルクスがゴール前きっちり差し切り昨年に続く連覇達成でサクラバクシンオー&ロードカナロアに並ぶ^^
印的にも、◎―〇―無で、本命対抗17.6倍をゲットし上々の滑り出し^^


夜半にフランスの凱旋門賞が発走。
日本からサトノダイヤモンド&サトノノブレスが悲願を達成するべく出走だが、前哨戦のフォワ賞と同じく馬場悪化は避けられない模様でパンパンの良馬場希望のダイヤモンドには酷・・・・orz
GT連勝と行きたい!!
あまり情報無いので簡単に(><)


◎ 17 エネイブル
目下GT4連勝中で、付けた着差は20馬身・・・・
脅威の3歳牝馬だが、3歳牝馬の斤量有利の批判から今年から若干の上乗せ0.5kgがどれほど効くか!?
馬場悪のスローペースの有利に。
主軸超鉄板!?

〇 4 ユリシーズ
出走馬中レーティング2位(127)
※17エネイブル126も性差換算で128
中長GTで3着以内を外さない堅実派。
好走可

▲ 12 オーダーオブセントジョージ
昨年3着馬
長距離戦主戦場だが、昨年も3着と好走。
馬場悪で豊富なスタミナが生きる流れになりそうなのも好感。
耐久性抜群

△ 8 チンギスシークレット
前哨戦フォワ賞を快勝
善戦可


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 19:45| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

スプリンターズS予想

いよいよ秋のGTシーズン開幕!!
春はまずまずの成績も、ほぼトントンより若干のマイナス収支でプラス収支ならず(><)

始まりを告げるギャラルホルン
『スプリンターズS』
開幕初戦をガツンと当てていい形で三歳牡牝クラシック最終戦に挑みたい。


◎ 8 レッドファルクス
デフェンディングチャンピオン
今年3戦は3・1・3着となかなかの成績。
高松宮記念は馬場悪に脚を削がれ敗退、安田記念は距離不安の中の好走。
臨戦過程もじっくり乗り込んでの鉄砲。
連覇可


〇 2 レッツゴードンキ
高松宮記念2着馬
春最終戦のヴィクトリアマイルは惨敗も、高松宮記念は馬場悪の中2着&上がり最速を計時。
若干気性に難ある中、マイルよりは気性を御しやすいスプリントは抜群のスピードを発揮し易い筈。
2冠目可


▲ 3 セイウンコウセイ
高松宮記念優勝馬
前走函館SSは洋芝ながら高速決着も、4着とまずまずの走り。
良馬場よりは馬場悪の方が向く感じも、そこは底力に期待。
春秋連覇可


△1 16 ダンスディレクター
シルクロードS優勝馬
昨年はペースに祟られ惨敗、春の宮記念は前哨戦勝利後に無念の骨折(TT)
復帰初戦のセントウルSを上がり2位で3着となかなかの出だし。
悲願達成可

△2 5 ラインミーティア
サマースプリント王者
アイビスSD勝利後、前走セントウルS2着と重賞勝利はフロックでないことを証明。
好走可

△3 9 メラグラーナ
オーシャンS優勝馬
高松宮記念は馬場悪で惨敗し、次戦も惨敗も、前走セントウルSを4着ながら上がり最速を計時。
復調走


買い目は割愛・
これで!!



posted by HAL at 22:00| 秋田 ☀| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

『魔法少女リリカルなのは Reflection』鑑賞

昨日、首都圏他の地域に約ひと月半遅れて、やっと地元で
『魔法少女リリカルなのは Reflection』
(公式サイト)
が公開^^
当初は夜一回だけの上映の為に良い席を確保するのに朝一開館時に購入を考えていたが、前日にネット予約で席確保出来たので余裕を持って行けたものの、何分初めてのネット予約なので、やっぱり朝一に発券W

上映時間までイオンモールの中や、なかなか普段いけないブックオフなど市内を巡り時間つぶしを。

そして漸く上映時間に。
以下ネタバレ注意!!
(あと少し勘違いあるかもorz)


時間軸は『闇の書事件』から半年余り経った夏真っ只中。
アリサとすずか、二人の親友が見学の中、白熱した模擬戦を行うなのは&フェイト。
はやては足も全く問題なく、二人の為の訓練場を作成?
アリサ&すずかの家が関わった総合アミューズメント施設に、なのは桃子、フェイトリンディ、アリすず母娘が関係者家族のみのセミオープンを見学、和気藹々^^
はやては別行動で後で合流・・・・

一方で、異世界では滅びに瀕した惑星と、それを救うべく奮闘も夢破れ死の床の父を助ける為に仲の良かった姉妹が反目、強硬手段に!!<`ヘ´>
目的ははやての『夜天の書』・・・・
彼女を襲う、妹キリエの協力者イリス。
リインU不在で、孤軍奮闘も劣勢の彼女を救ったのは、妹の暴挙を止めるべく遅れて来訪した姉アミタ。
キリエは、なのはフェイトを襲い、闇の書事件の様に二人も劣勢に(><)
アミタ合流でなんとか水入りで一時終戦かと思われたが、キリエの限界突破?で夜天の書は奪われ(TT)

夜天の書から生み出される三つの闇、ディアーチェ・シュテル・レヴィ。
彼女たちの襲撃を新装備で迎え撃ち、共に居た巨大兵器もろともレヴィ&シュテルを撃破も、イリスがその本性を剥き出し、キリエの願いは只の夢想と判明(><)
イリスの目的の永遠結晶の中から現れた、彼女が悪魔と呼ぶユーリの力で次々と落される魔導師たち・・・・
一矢を報いたのは、アミタの協力で未完成ながらも形になった新武装!!
強大な力を前に決意を新たにするなのはで終幕!!

感想としては、半分以上バトルシーンの感じがしますが、1stのなのフェイの意地を掛けた空戦シーン、A’sの新装備となったなのはvsヴィータ、フェイトvsシグナムの空戦シーンから比べると、止まっての撃ち合い&どつきあいの感じがし、動きは少なくなった気も(><)
元となったゲーム、なのポGODは概要だけで知らなかった分、ストーリーは新鮮でした(^^;;
更にごつくなった新装備、漫画版のForceの流れの様な感じで見た目は凄く格好いいですね^^
(ただ、フェイトのバルディッシュの変形、なのはレイジングハートのACSモードそのもの気が・・・・W
主の想い人?の影響受け過ぎ!?)
マテリアル三人娘は、前述の知らなかった分、4コマ漫画版のマテリアル娘のイメージが先に浮かんで・・・・
アホっぽいレヴィ、お母さんみたいにマメに家事をこなす王様、猫と戯れるシュテルんと重なり過ぎてW
なのははバトルシーン、本編や二次創作の『OHANASHI』のイメージだダブってなんとなく笑ってしまいそうに・・・・
フェイト、義母リンディを初めて『お母さん』と呼ぶくだりには(TT)
一番不遇をかこった?はやては、奪われた絆(夜天の書)を獲りも度Pしてからの活躍に期待かな?
新キャラのアミタ、妹に対しての馬鹿丁寧な言葉遣いがどういう経緯になったのかわからなかったのでちょっと違和感。
敵役キリエは、作中で指摘されている様に、自分たち以外の人々への迷惑を無視した自分勝手な思いが<`ヘ´>
真の敵イリス、登場時から嫌にフレンドリーな様子が鼻に付くかと思ったら案の定<`ヘ´>

A’sの時の様な一息入れての新装備&特訓というインターバルが、ラストシーンから内容なので、絶望的な状況をどうなのは達が覆すのか、来年夏(こっちは初秋?)の『魔法少女リリカルなのは Detonation』に注目ですね!!

posted by HAL at 19:10| 秋田 ☁| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする