2020年05月30日

日本ダービー予想

先週のオークス、道中の不利をものともしない桜花賞馬〇デアリングタクトが鋭い末脚で前を行く△2ウインマリリンを捉え、無敗の二冠達成!!
3着にウインマイティ―が入り、〇−△2−無となり、対抗から流した馬連1,800円をゲットも、3連単で大幅終始プラスを狙っていたので、ほぼ半分の回収率(><)
今週はホースマンの集大成『日本ダービー』
皐月賞を無敗で制したディープの仔が圧倒的人気も、虎視眈々と奪取を狙う皐月賞2着惜敗の朝日杯FS優勝馬に、重馬場で不本意な走りを強いられた皐月賞敗退馬、別路線組など三番手グループは混沌の様相・・・・
今回を含め、春のGTシーズンはあと3戦。
しっかり獲って通算収支をプラスに!!


◎ 5 コントレイル
皐月賞優勝馬
前走皐月賞は重馬場も外を回っていい馬場を進み、最速の末脚でトップに躍り出ると、▲サリオスとの叩き合いを半馬身制し無敗で皐月賞馬に^^
中間も順調に調整され万全の態勢。
鞍上は一昨年ワグネリアンで当レースを制した福永で、他にエピファネイアで2着経験あり。
調教師も8年前ディープの仔ディープブリランテで制しており黄金タッグ!!
二冠濃厚!!

〇 3 ワーケア
ホープフルS3着馬
前走弥生賞は重馬場のせいか末脚伸びきれず2着まで。
重馬場での疲労と、中山の小回り芝2千を敬遠し、一息入れてここを目標にす。
鞍上は3年前レイデオロで制したルメールで、2着&3着各1回有り。
父ハーツクライは距離伸びて更にいい筈。
逆転可


▲ 12 サリオス
朝日杯FS優勝馬
前走皐月賞は、馬場が若干悪い内目を通ったせいか、◎コントレイルとの叩き合いに半馬身遅れ無念の2着(TT)
鞍上に引き続きD・レーンを配し、必勝態勢!!
父ハーツクライは〇と同じく距離伸びていい筈。
ただ皐月賞時に述べたようにマイルGTを勝っている様にスピードが勝っている体型で不安が残るとして三番手まで。
差無し


△1 9 ダーリントンホール
共同通信杯優勝馬
前走皐月賞は出遅れで痛恨の後方からのレースになり、それでも6着まで上がったのは地力の差!?
父系はGT馬を数多く輩出するガリレオの直仔。
距離延長は望むところ。
近年ダービーに直結する共同通信杯優勝馬。
好走可

△2 6 ヴェルトライゼンデ
ホープフルS2着馬
前走皐月賞は、前述のとおり重馬場で切れ味削がれ8着敗退。
半兄に菊花賞馬と皐月賞2着馬の良血。
鞍上にオルフェーヴルで当レースを制した池添と心強い。
良血の底力

×1 2 アルジャンナ
毎日杯2着馬
強行軍を避け、毎日杯2着で賞金上積み果たした後の余裕あるローテーションを好感。
鞍上浜中は、昨年ロジャーバローズで当レースを制し意気軒高!?
内枠を利しての経済コースを通っての抜け出しで複勝圏内に飛び込む!!
昨年度ダービージョッキー

×2 1 サトノインプレッサ
毎日杯優勝馬
前走NHKマイルCは、出遅れに道中の不利と全く走れず13着惨敗(><)
ただ新馬から毎日杯まで3連勝のポテンシャルから見直し。
二頭出し厩舎は人気薄を狙えの格言も有り。
惑星


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 22:50| 秋田 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

オークス予想

先週のヴィクトリアマイル、無念の空振りに終わった海外遠征疲れ?もなんのその、ゴーサインが出るとあっという間に前の馬を抜き去った◎アーモンドアイが圧勝し、2着に〇サウンドキアラ、3着に昨年優勝馬のノームコアが入線し、◎−〇−無の順になり、馬連750円を本線でゲットも、リピーターが多いこのレースのリピーターを2着馬プリモシーンにした為、3連単不発で収支は僅かなプラスのみ(TT)

今週は3歳牝馬クラシック第二戦『オークス』
初めての2400戦をうら若き乙女たちはどう走り切るのか?
ダービーへ向けて連勝と行きたい!!


◎ 2 クラヴァシュドール
阪神JF3着馬
前走桜花賞は、3コーナーでの不利が祟って後方に下がるも、直線はインを突き、メンバー中2位の末脚で4着まで盛り返す!
鞍上は今絶好調のミルコ・デムーロ騎手、昨年はラヴズオンリーユーで戴冠し、他に3着2回と好相性!!
父ハーツクライは6年前に当レースをヌーヴォレコルトで勝利と相性良し。
騎手連覇可


〇 4 デアリングタクト
桜花賞馬
前走桜花賞は、他馬がノメる重馬場の中、メンバー中最速の末脚で後方からい一気に差し切り戴冠、無敗の桜花賞馬に!!
鞍上松山は、今年桜花賞を含む重賞6勝と絶好調で、先週も女王アーモンドアイに完敗も、サウンドキアラで2着と好走^^
父エピファネイアは、同コース同距離ののジャパンカップを優勝し、ダービーも2着と好宰相!!
無敗2冠可


▲ 10 ミヤマザクラ
クイーンC優勝馬
前走桜花賞は重馬場の中、一旦後退も直線盛り返し、5着入賞。
鞍上に当レース3勝を誇るユタカを確保!!
好走可

△1 18 サンクテュエール
シンザン記念優勝馬
前走桜花賞は前述の様に重馬場で全く走れず6着敗退(><)
鞍上ルメールは、一昨年&3年前に連覇と勝ち方を知る騎手!
木金に雨が降り土曜はダートが重から稍重になるが、日曜は晴れ予報で絶好の両馬場!
見直し

△2 16 ウインマリリン
フローラS優勝馬
オークストライアルフローラSをメンバー中2位タイの末脚で勝利し権利ゲット!!
鞍上に10年前にアパパネと同着ながらサンテミリオンで制覇の横典を迎え勝負気配。
父は同コース同距離のジャパンカップ優勝馬スクリーンヒーロー。
伏兵

△3 16 マルターズディオサ
チューリップ賞優勝馬
△1と同様に8着敗退。
良馬場でこそ

× 1 デゼル
スイートピーS優勝馬
14年前のカワカミプリンセス以来、優勝馬輩出していないものの昨年カレンブーケ―ドルが2着と好走、本馬もデビュー戦の未勝利戦を勝ったばかりの前走のスイートピーSを快勝し、一気に注目の的に。
鞍上のレーンも、先週ダノンシュマッシュをあっと言わせる逃げで今短期免許初重賞勝利!!
鞍上注目


買い目は割愛。
これで!!



posted by HAL at 22:05| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

ヴィクトリアマイル予想

先週のNHKマイルC、前走重賞勝ちも距離延長に不安があるので全くノーマークだったラウダシオンが勝ち、2着に▲レシステンシアが逃げ粘り、3着にギルテッドミラーが入線し、無−▲−無と本命対抗(本命はのちに骨折判明(TT))が共に二桁着順で惨敗・・・・

今週は古馬牝馬マイル女王決定戦『ヴィクトリアマイル』
現役最強牝馬アーモンドアイが無念の帰国から急遽参戦し、昨年の1・2着馬、オークス馬、2歳女王とまずまずのメンツが出走!!
来週からの牡牝クラシック第2戦にむけて惨敗続きに終止符を!!


◎ 12 アーモンドアイ
天皇賞・秋優勝馬
前走ドバイ遠征、昨今のコロナ禍の影響で現地で出走待ちの中、中止の憂き目に(><)
帰国後着地検疫を経て放牧、再調整。
順調な経過から安田記念より与し易い此処へ。
昨年同コース同距離の安田記念を発走直後に不利を受けながら僅差の3着と絶好の舞台!!
鞍上ルメールは3年前アドマイヤリードで勝利。
海外遠征帰りも、出走に至らず消耗は最小限と判断。
懸念は土曜の雨とそれまでの前掛かりの勝利馬。
ただ雨は土曜中に上がり、日曜は快晴で馬場は急速に回復と予想。
絶好舞台で復権!!


〇 18 サウンドキアラ
阪神牝馬S優勝馬
前走ステップレースの阪神牝馬Sをメンバー中2位の末脚で1番半差快勝^^
目下重賞3連勝中で絶好調!!
鞍上松山は、今年本馬での重賞3勝&桜花賞を合わせ6勝と絶好調!!
好位で立ち回れる脚も有り今の馬場&レース傾向も向く。
懸念は大外18番枠で、好位に取り付くまでに脚を使い過ぎないか・・・・
大外鍵


▲ 5 プリモシーン
昨年2着馬
前走阪神牝馬Sは、1番人気も5着と案外の結果(><)
とはいえ、2走前の同コース同距離の東京新聞杯を牡馬より1キロだけ軽い56キロで半馬身差勝利^^
昨年は16ノームコアに半馬身差惜敗と涙を飲み(TT)
鞍上レーンは昨年前述のノームコアで勝利するなどG13勝を誇る。
名手鞍上


△1 17 コントラチェック
ターコイズS優勝馬
前走中山牝馬Sは不良馬場で好位からズルズル後退しどん尻16着惨敗(><)
鞍上にウォッカで優勝経験のある名手ユタカを迎え、挽回を図る。
選手は絶妙なペースでレースを運び最後は躱されも、レシステンシアを僅差の2着に粘らせた手腕と、現在の前残り傾向の馬場が相まって波乱の立役者?
名手ユタカ

△2 7 ダノンファンタジー
ローズS優勝馬
前走阪神牝馬Sは距離絶好も、プラス22キロが響いたのか5着と1番人気を裏切る(><)
叩き2戦目で絞れた筈で2歳女王の底力発揮!?
復権可

△3 14 スカーレットカラー
府中牝馬S優勝馬
前走阪神牝馬Sを道中不利を受けながら2着と好走^^
主戦岩田康が負傷で石橋へ乗り替わりで、今年重賞3勝とまずまずの成績。
懸念は末脚自慢の為、後方からの競馬が多く、今の前残りの競馬は不向き(><)
末発揮も位置取り鍵


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 21:57| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

NHKマイルC予想

先週の『天皇賞・春』
ラスト◎本命フィエールマンがステッフェリオとの壮絶なたたき合いを僅差制し連覇達成!!
2着に先行策から粘り込み惜しくも敗れたステッフェリオ、3着に〇ミッキースワローが入り、◎−無−〇となり敗退・・・・
4着に▲ユーキャンスマイルが入線しただけに無念(><)

今週から怒涛の東京GT5連戦!!
第一戦『NHKマイルC』
昔はダービー出走権が無い外国産馬の残念ダービーと揶揄も、近年は距離適性を重視してのクラシックからの転戦やキンカメの様にここからダービーへ雄飛を目論む馬など多様な出走馬が集う東京マイル戦。
惨敗続きへ終止符を打ちたい!!


◎ 8 サクセッション
スプリングS3着馬
前走スプリングSはメンバー中2位の末脚で3着権利獲得も、気性と距離適性を重視してか皐月賞をパス府中マイルへ。
鞍上横典は当レース3勝を誇り近5年で2勝と好調^^
父キンカメは当レース優勝ないものの、自身はこのレースを制してダービーとの変則二冠を達成した名種牡馬。
昨年も後継種牡馬ロードカナロアの産駒が2着に入るなど適正外れではない筈。
父子制覇可


〇 17 サトノインプレッサ
毎日杯優勝馬
前走毎日杯は後方から最速の上りで優勝し無敗で重賞制覇!!
鞍上ユタカは当レース3勝を誇り、本馬の前走で重賞を制すなどコンタクト十分^^
父ディープも一昨年はワンツーを飾るなど実績も十分。
良で切れ増す


▲ 3 レシステンシア
最優秀2歳牝馬
前走桜花賞は、緩い重馬場の中、2番手追走から一旦は先頭も、重馬場でも切れ鈍らなかった勝ち馬に交わされ無念の2着(TT)
有り余るスピードを有効活用か、樫をパスしこちらへ。
鞍上にルメールを迎え、マイルG2勝目を狙う!!
父ダイワメジャーは昨年アドマイヤマーズで制すなど近5年で2勝3着1回と好相性!!
懸念は今季3戦目で疲労残りを考慮してか直前の追い切りは軽め。
府中の長い直線を粘り切れるかもカギ。
スピード抜群も・・・・


△1 2 タイセイビジョン
アーリントンC優勝馬
前走西のトライアルアーリントンCを最速の上りで快勝し重賞2勝目。
鞍上はデビュー戦と前走で手綱を取り快勝の石橋。
2番枠を引き経済コースからの前走と同じイン突きを狙う!?
好走可

△2 14 ルフトシュトローム
NZT優勝馬
東のトライアルNZTを最速の末脚で制し本番へ。
鞍上レーンは昨年短期免許で来日しG13勝と大暴れ^^
父キンシャサノキセキは高松宮記念2勝馬も当レース3着経験が有り。
鞍上魅力

△3 12 ボンオムトゥック
前走アーリントンCは4着も、前が詰まっての敗退で割引。
父クロフネ、母父ダイワメジャーと当レース優勝馬輩出の配合で妙味あり。
カッチー躍動!?


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 21:47| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

天皇賞・春予想

先々週の皐月賞、前日の中山GJの水が浮く不良馬場から、翌日回復しても重馬場必至とみて欧州血統や重得意そうな馬たちをチョイスも、思った以上に馬場回復し、有力馬も柔らかい馬場を苦にせず走り切り、一番人気△1コントレイルが優勝し1冠目!!2着にマイラーだと判断し△2に印を落としたサリオス、3着にスプリングS優勝もスプリンター血統の父キンシャサノキセキを嫌って抜いたガロアアークが入線、△1−△2−無となり惨敗(><)

今週は古馬伝統の2マイル長距離戦『天皇賞・春』
中止となったドバイにも遠征馬が居た為、GT馬2頭&フルゲートに満たない14頭立てと寂しいメンツ(TT)
とはいえ、ディフェンディングチャンピオン健在で、来週からの東京GT5連戦に向けて再び凱歌を挙げたい!!


◎ 14 フィエールマン
昨年優勝馬
前走有馬記念は、重馬場の凱旋門賞遠征帰国初戦というのもあったのかラスト追い上げきれず4着まで(><)
秋2戦の疲れを癒し、臨戦過程は違うも昨年と同じく休み明けから本番へ。
社台系で休養中も外厩でしっかり乗り込まれての帰厩な筈で仕上がり十分。
鞍上も昨年優勝コンビのルメールが務め必勝態勢!!
懸念は近年不振の大外枠・・・・
ただ今年はフルゲート14頭の14番枠と大外というには微妙な枠だが。
連覇可


○ 5 ミッキースワロー
日経賞優勝馬
前走東の有力ステップレース日経賞を、道中不利を受けながら突き抜け1・1/4馬身差完勝^^
鞍上には前走快勝の横典が3戦続けて務め、同騎手は春天3勝を誇る。
父父は言わずと知れたディープで母系にトニービンと、700mの距離延長へのスタミナは有る筈。
懸念は西の有力ステップレース阪神大賞典に比べて日経賞は6年前まで遡らないと戴冠&好走例無い事(><)
好走可


▲ 7 ユーキャンスマイル
阪神大賞典優勝馬
前走西の有力ステップレース阪神大賞典は後方からのレースも4コーナーで前に追いつくと直線末脚伸ばし1・3/4馬身差快勝!
昨年はダイヤモンドS優勝からの臨戦過程で1.5秒差5着と完敗(><)
主戦岩田康が落馬負傷で浜中に乗り替わり。
デビュー3年目に菊花賞勝ちはあるものの、近年長距離重賞優勝無しが懸念材料(TT)
父キンカメも数々のタイトル総なめも春天は縁遠く(TT)
力付けも


△1 8 キセキ
‘17菊花賞馬
前走阪神大賞典は1番人気も、痛恨の出遅れ(><)
直線も伸びず7着敗退・・・・
ただ鞍上に春天8勝を誇るユタカを迎え侮れず。
鞍上春盾男

△2 1 モズベッロ
日経新春杯優勝馬
前走日経賞は道中不利を受けた中、2着まで追い上げ、前々走のフロック視を跳ね返す。
鞍上池添は4年前2着の実績あり。
最内枠1番枠を利しての省エネ走行で上位を狙う?
好走出来


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 21:47| 秋田 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

皐月賞予想

今日の中山GJ、2番手を追走した◎王者オジュウチョウサンが逃げ馬を捉えると不良馬場でもぐんぐん引き離し前人(馬)未踏の同一重賞5連覇&障害重賞13連勝を達成!!
2着に△1メイショウダッサイ、3着に△1に交わされた▲ブライトクォーツが入線し、◎−△1−▲で的中、馬連460円&3連単2,710円をゲットし、先週の負債を若干回収(^^;;
日曜は牡馬クラシック第一戦『皐月賞』
2歳GT馬二頭が初めて相対し共に前走から直接の臨戦態勢。
しかしながら金曜から土曜日中にかけての『豪雨』に中山GJは不良馬場・・・・
日曜は天候回復予想も、真夏の日差しは望めず、回復しても重に近い稍重と予想。
早いタイムでの決着は望めず自力勝負と見る。
荒れ(希望)をがっちりゲットし連勝と行きたい!!


◎ 13 ダーリントンホール
共同通信杯優勝馬
近年トレンドの共同通信杯からの直行!!
近十年でも勝ち馬は3勝となかなかの好相性。
父はガリレオ−サドラーズウェルズへと続くニューアプローチで渋った馬場に合致、母系にもヌレイエフがおりスピードにも対応出来る筈。
鞍上は近十年で2勝、通算4勝を誇るミルコ・デムーロ。
馬場利して


〇 5 サトノフラッグ
弥生賞優勝馬
前走弥生賞は重馬場をものともせない末脚で1・3/4馬身差快勝!
鞍上に昨年サートゥルナーリアで優勝のルメールを迎え必勝態勢!!
父はクラシックと好相性のディープインパクトで、母系のダマスカスの重厚さが重をこなした?
前走馬場経験済


▲ 17 ヴェルトライゼンデ
ホープフルS2着馬
前走スプリングSは勝ち馬に切れ負け2着も上がり3位と優秀。
父ドリームジャニーは中山巧者のステイゴールド産駒でゴールドシップ&オルフェーヴルの両皐月賞馬を輩出でどちらも馬力あり。
鞍上も前走に引き続きオルフェーヴルで当レースを制覇の池添で更にコンタクト向上が見込め。
中山巧者父

△1 1 コントレイル
ホープフルS優勝馬
前走ホープフルS優勝後既定路線だった直接本番へ。
本来なら同条件優勝馬の本馬を本命視も、前書きの雨での渋った馬場と開催最終日の痛んだ馬場の最内1番枠で嫌って妙味ありと・・・・
とはいえ、両馬場だったら圧勝もありうる実力と、社台系と並ぶ育成施設を誇るノースヒルズオーナーで間隔の差は許容出来(同臨戦過程は昨年サートゥルナーリアで実証済)
差無し

△2 7 サリオス
朝日杯FS優勝馬
この馬も前走朝日杯FS優勝から直接此処へ。
マイルではレコード優勝経験も、先に述べた渋った馬場ではスピードが削がれ・・・・
体型もスピード型の稍嘆息気味な感じが見受けられ。
鞍上には3戦中2戦2勝の手綱を取る福永、クラシック5大競走制覇にリーチがかかる。
力あるも距離?

△3 9 ブラックホール
札幌2歳S優勝馬
前走弥生賞はメンバー中2位の上りで4着とホープフルS惨敗から上向き?
父は▲と父父が同じゴールドシップ。
札幌再び!?


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 21:15| 秋田 ☔| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイヤ交換

備忘録代わりに

先週土曜11日にいつものディーラーでタイヤ交換を。
実はその前の4日に交換予約入れも、その週末から週明けにかけて『雪』予報があり、積雪か凍結を危惧して1週先送りに・・・・
実際は屋根がほんのり白くなる程度で杞憂でしたが(^^;;
これで少しは燃費アップ^^
posted by HAL at 21:14| 秋田 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

中山GJ予想

先週の桜花賞、雨で荒れた重馬場になり大外&逃げには辛い展開かと予想も、鞍上ユタカの△2レシステンシアは2番手から進め一旦は先頭も、後方から行客を繰り出したデアリングタクトが差し切り優勝、3着に逃げ粘ったスマイルカナが入線し、優勝馬以外は馬場に足を取られ末脚伸びず、無−△2−無となり惨敗(TT)

今週は牡馬クラシック第一戦『皐月賞』
その前に春のジャンプ王決定戦『中山グランドジャンプ』
前人(馬)未踏の同一重賞5連覇を目指すオジュウチョウサン、果たして偉業は達成されるのか?
今週も雨模様で波乱も?
先週の分を挽回し大一番に繋げたい!!


◎ 6オジュウチョウサン
昨年優勝馬
今年は障害に専念で前哨戦阪神スプリングJをレコードで圧勝で健在ぶりを示す!!
懸念は雨でぬかるむ&滑る馬場でのアクシデント・・・・
とはいえその実力は抜きん出て。
偉業達成!!


〇 1 シングンマイケル
中山大障害優勝馬
前哨戦阪神スプリングJは◎に完敗(><)
とはいえ今回不参戦の3着馬以外は後方に置き去り。
勝負付けは済んだものの不確定要素(雨&馬場)十分で秋春連覇も!?
好走出来


▲ 5 ブライトクォーツ
中山大障害2着馬
前走逃げて失速も逃げと今季初戦の大幅プラス体重が敗因。
叩き上昇

△1 11 メイショウダッサイ
中山大障害3着馬
前哨戦のOP特別を快勝!!
差無し

△2 7 シンキングダンサー
善戦止まりも不確定要素多そうな今回は出番有り!?
超惑星?


posted by HAL at 23:08| 秋田 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

桜花賞予想

先週の大阪杯、先に馬群を抜けた▲ダノンキングリーを〇クロノジェネシスが差し、更に◎ラッキーライラックが差し、◎−〇−▲とパーフェクト!!^^
馬連11.1倍を本線で、3連単78.1倍をヒットし連敗を『2』で止め。
残金と合わせて、節約しながらなら宝塚までの資金を確保!!

今週は牝馬クラシック第一戦『桜花賞』
最優秀2歳牝馬をはじめ重賞勝ち馬8頭が勢揃いとなかなかのメンツ^^
ただ惜しむらくは阪神地方は雨予想で馬場悪化の懸念が(><)
先週に引き続きしっかり当てて来週の皐月賞へ繋げたい!!


◎ 5 マルターズディオサ
チューリップ賞優勝馬
前走桜花賞最重要TRチューリップ賞は、好位から抜け出すと△3の追撃をハナ差抑え重賞初勝利^^
前走後は美浦所属ながら栗東にそのまま滞在し順調に乗り込まれる。
滞在しての本番への臨戦過程は7年前の厩舎の先輩アユサンと同様。
鞍上田辺は今年重賞2勝で、GTは4年前の安田記念以来勝ち星無いものの、本馬とのコンビで同条件の阪神JFを2着とまずまず?
父はディープインパクトの後継ダービー馬キズナ。
滞在調整実る


〇 14 ミヤマザクラ
クイーンC優勝馬
前走クイーンCは、2番手追走からそのまま押し切り重賞初勝利^^
母はクロフネの半妹でスピードとパワーを兼ね備え、ディープが更にキレとスタミナを追加!?
鞍上福永は桜花賞2勝、近十年でも3着3回と好相性。
懸念は桜花賞よりオークス向きとの評価が多いのが・・・・
差無し


▲ 8 リアアメリア
アルテミスS優勝馬
前走阪神JFは、△2のハイペースに戸惑ったのか後方から脚を伸ばしたものの6着と1番人気を裏切る敗走(><)
前走後はTRを使わず直接本番に。
建年は外厩施設が充実著しく、特に社台系は充実一番!!
じっくり乗り込まれる。
懸念はレース間隔が空いた事によるレース勘のみ。
前走経験糧


△1 4 サンクテュエール
シンザン記念優勝馬
アルテミスSで▲に2着に敗れた後、阪神JFをパスし、シンザン記念へ向かい牡馬相手に勝利。
そして桜花賞へ直接は女傑アーモンドアイにダブる!?
鞍上には昨年一昨年と優勝のルメール、近5年でも1着3着各2回と好相性!!
好走可

△2 17 レシスステンシア
最優秀2歳牝馬
前走チューリップ賞は、今年初戦の影響もあったのか阪神JFのような快速圧逃出来ず3着敗退(><)
鞍上に桜花賞5勝を誇る名手ユタカを迎え必勝態勢!!
ただ懸念は、逃げ馬には不利な大外17番枠に雨で快速が削がれそうなのが(TT)
名手圧逃か?

△3 11 クラヴァシュドール
阪神JF3着馬
前走チューリップ賞は、阪神JF優勝馬に先着^^
前4戦馬券圏内の堅実さに好感^^
ただハーツクライからどちらかというとオークス向き!?
好走出来


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 22:23| 秋田 ☀| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

大阪杯予想

先週の高松宮記念、予想以上に馬場が悪く、そしてレースまでに重まで回復の馬場で、馬格の大きい&ダートor洋芝で好走の馬二頭を本命対抗に選択も、後方で藻掻き両馬とも二桁着順惨敗(><)
ラストは4頭のデッドヒート&長い審議の末、繰り上がり優勝になったのはモズはモズでも本命のアスコットではなくスーパーフレア・・・・
印では△2−▲−無となり、普段であれば薄く広くで網の中に掛かった馬連が、欲をかいて3連単に割り振った為に痛恨の90倍超えを逃す(TT)

今週は古馬中距離戦『大阪杯』
ほぼ同時期開催のドバイWCデー(中止)にも有力馬が分散し、フルゲートに満たない12頭立てもGT馬5頭のなかなかのメンツ^^
来週からの牡牝クラシック第一戦に向けていい形を作りたい!!


◎ 5 ラッキーライラック
エリザベス女王杯優勝馬
前走東の前哨戦中山記念、▲に完敗もラスト3Fメンバー中3位タイの同タイムで1・3/4馬身差。
休み明け&斤量差1キロから考えればまずまず。
鞍上に前走に引き続きミルコ・デムーロが手綱を取り、コンタクトは更に上がった筈。
牡牝の斤量差も2キロに広がり有利。
気性の難しいオルフェーヴル産駒だが、ここ一番の爆発力も。
上積み有


〇 12 クロノジェネシス
秋華賞馬
前走京都記念は、重馬場でも好位から最速の上りで2馬身半差完勝!!
前走2着に下した馬は、牝馬ながら昨年JC2着と好走の名牝の階を登り始めた!?
鞍上は昨年当レース、アルアインで優勝の北村友、デビューから手綱を取り続け完全に手の内へ。
好走可


▲ 8 ダノンキングリー
ダービー2着馬
前走東の前哨戦中山記念を完勝!!
昨春のクラシック2冠は3・2着とあと一歩及ばず(><)
古馬との初対戦の毎日王冠を快勝も本番マイルCS5着敗退・・・・
鞍上横典はコンビ2戦で5着1着と徐々に手の内に。
差無し

△1 3 ブラストワンピース
AJCC優勝馬
極悪馬場で惨敗の凱旋門賞遠征明けの前走AJCCは力を見せ快勝!
昨年6着も、着差は0.3秒と悲観する内容ではない。
鞍上川田は、近3年異なる馬で2着2回3着1回と好相性!
GP馬の意地

△2 4 ワグネリアン
昨年3着馬
JC3着からの直行も、昨年も神戸新聞杯からの直行で3着と好走。
近走善戦続きが懸念材料・・・・
ダービー馬の意地

× 2 サトノソルタス
金鯱賞2着馬
前走サートゥルナーリアに2馬身差完敗も、当レース出走馬の西の前哨戦最先着。
有力馬が人気を集め伏兵まで。
無欲で前進


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 21:51| 秋田 ☔| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする