2016年02月20日

フェブラリーS予想

‘16のGTが開幕!!
第一弾『フェブラリーS』
史上初のGT三連覇がかかる馬もいれば、世代交代を虎視眈々と狙う新進気鋭の馬も。
しっかり獲って、春のシーズンにいい形で持っていきたい!!


◎ 7 ノンコノユメ
ジャパンダートダービー優勝
前走チャンピオンズCは、激走した女傑に足元を掬われた感も、負けて強しの内容。
じっくり乗り込み万全の体制へ。
先行馬が揃い早いペースが予想され、後方一気のこの馬の舞台、土曜の雨も残りパンパンの良馬場にはならなそうなのも好感
主軸筆頭


〇 3 コパノリッキー
‘14&15優勝馬
デフェンディングチャンピオン
JBCクラシック後2戦は惨敗も、当レース連覇の実力は侮れず!
未だどの名馬の成し遂げなかったJRAGT三連覇の偉業を見据え熱心な乗り込みを実施。
昨年優勝に導いた鞍上ユタカも引き続き手綱を取り。
連覇可


▲ 5 ベストウォーリア
マイルチャンピオンシップ南部杯優勝馬
前走JBCスプリントは3着敗退も、マイル戦は5勝2着2回3着2回と着外1走(一昨年当レース)のみ。
昨年もスムーズなら更に上位も狙えた3着
マイル鬼


△1 2 ホワイトフーガ
JBCレディースクラシック優勝馬
のちのチャンピオンズC優勝馬サンビスタをJBCで置き去りにする完勝劇を2走前に。
それを物差しすると、牡馬一線級と相対しても遜色無い走りも可。
新女傑も

△2 6 ロワジャルダン
みやこS優勝馬
前走東海Sは、伸びあぐね3着も、チャンピオンズCは差のない4着、馬場悪いみやこS優勝は今回の馬場と同様。
鞍上横典も心強く。
好走可

△3 13 タガノトネール
南部杯2着馬
前走根岸Sは4着敗退も、2走前武蔵野Sは◎7にあわやの場面もあった僅差2着(><)
斤量1キロ軽くも健闘(人気馬14は7より3キロ軽く、今回脅かすのかは疑問)
激走可


買い目は割愛。

posted by HAL at 22:01| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする