2016年04月30日

天皇賞・春予想

先々週の『皐月賞』予想とは違ったが、いい感じに荒れてくれて馬連62.2倍をゲット!!
ただ、資金額限定の為、最低のワンコインしか入れておらず大儲けをフイに(TT)
印では、△2−▲−〇に入着し、的中連続記録を4に伸ばし^^

今週は、古馬の最強ステイヤー決定戦『天皇賞・春』
GP馬、新旧菊花賞馬が運命を決す!!


◎ 1 キタサンブラック
菊花賞馬
前走大阪杯は、ゴール前勝ち馬に首差交わされるも後続を引き離し、今季初戦としては勝ちに等しい惜敗。
主戦北村宏司を怪我で欠くも、前走から鞍上に盾男ユタカを配し、盤石の出走体制!!
菊花賞馬だが、前走大阪杯でも末脚衰えず、スピードも見せる。
好枠を利しての経済走法でユタカをディープ以来の盾に!!
徹底先行!!


〇 17 ゴールドアクター
有馬記念優勝馬
前走日経賞は、他馬より重い斤量を背負いながら、好位から鋭く伸び連勝を5に伸ばす。
鞍上吉田隼人は有馬で念願のGTジョッキーの仲間入り。
本格化なった今、3着に敗れた菊花賞以上の距離でも。
懸念は大外枠での好位を取る所までの距離損と鞍上の長距離経験の不足(><)
実力筆頭も


▲ 5 フェイムゲーム
昨年2着馬
前走ダイヤモンドSは、泥んこ馬場でもよく末脚伸ばし2着確保。
鞍上に、先週香港のGTを勝ったオーストラリアのボウマンを配し万全の構え。
昨年、ゴールドシップをクビ差まで追い詰めた豪脚が弾けるか?
宿敵引退で


△1 8 シュヴァルグラン
阪神大賞典優勝馬
前走、重要ステップレースの阪神大賞典を2馬身半差の快勝^^
父の産駒は昨年2着の▲と同じ。
本格化

△2 15 サウンズオブアース
有馬記念2着馬
前走日経賞3/4馬身まで追い詰めるも、〇より2キロ軽い斤量では・・・・
鞍上に若武者藤岡佑介を迎えるも、騎乗停止で乗れなくなったミルコ・デムーロより2枚落ちは否めず(><)
好走可も・・・・


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 22:58| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

皐月賞予想

今日のJ・GT『中山GJ』
低調なメンバーの中の実績抜きん出た◎サナシオンを△2オジュウチョウサンがゴール前差し切り初GT戴冠。
印的には、△2−◎−無となり、馬券は馬連的中も人気馬同士でトリ紙6割の回収率(><)
まあ、3戦連続的中とツキはまだ逃げてない?

牡馬クラシック第一戦『皐月賞』
前評判高い3頭が『3強』と言われるが果たして?
上位混戦の中、1冠目は?


◎ 16 リオンディーズ
最優秀2歳牡馬
前走弥生賞は、今季初戦&マイルGT後の2000m戦というのもあってか若干引っかかり、▲にゴール前差されるも、負けて強しの印象。
気性面はまだ成長途上も、デビュー戦と前走で距離は経験済みで不安は払しょく!
鞍上には昨年ドゥラメンテで戴冠、2冠馬に導いたM・デムーロを引き続き迎え万全!!
主軸筆頭


〇 11 サトノダイヤモンド
きさらぎ賞優勝馬
前走きさらぎ賞はメンバー低調も、鋭い末脚を見せ圧勝しデビュー3連勝。
ダービーを見据えてのトライアルスキップの選択が果たして?
鞍上にはデビュー以来手綱を取るルメールで、▲を手放しての選択や如何に?
差なし


▲ 3 マカヒキ
弥生賞優勝馬
前走皐月賞最重要トライアル弥生賞を、鋭い末脚で◎を差し切りデビュー3連勝!!
主戦ルメールは〇を選択も、替わって鞍上にはキャプテントゥーレで戴冠経験もある川田を配し抜かりなく。
逆転可


△1 14 ロードクエスト
新潟2歳S優勝馬
前走スプリングSは3着も、後方から外を回ってのメンバー最速の上りは好感。
見限り時期尚早

△2 18 ディーマジェスティ
共同通信杯優勝馬
ひと頓挫で出走取り消し後の仕切り直しの前走を快勝し、間隔とって大一番へ!
最近は共同通信杯優勝馬から皐月を制したのも多数おり、有力ステップの一つ。
人気盲点

× 15 エアスピネル
朝日杯FS2着馬
前走弥生賞は、▲◎2頭に完敗も、鞍上は◎と並ぶ『皐月賞男』ユタカ。
人気上位馬牽制し合う中、混戦抜け出す場面も!?
侮れず


買い目は割愛
これで!!

posted by HAL at 21:42| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山GJ予想

先週の桜花賞、メジャーエンブレムがまさかの控える走りで馬券圏内も確保出来ない敗退(><)
幸い、半ばボックス買いのようにジュエラーとシンハライトの馬券を持っていたので、ほぼトントンの収支の若干のマイナス。
春の障害の大一番『中山グランドジャンプ』
デフェンディングチャンピオンが出走体制整わず、暮れの大障害上位も不在と低調なメンバー・・・・
圧倒的実績馬の◎からしっかり獲って、次の日の『皐月賞』に繋げたい!!


◎ 2 サナシオン
中山大障害3着馬
前走阪神スプリングJは逃げ切り快勝。
臨戦過程&実績ダントツで圧倒的一番人気
逃げ圧倒も


〇 1 ウォンテッド
今季初戦と暮れ2戦は凡走も、中山大障害は落鉄の影響と敗戦の原因はあり。
叩いた効果で前進可
好走可


▲ 6 ブライトボーイ
オープン勝利はないものも、オープン戦3着・2着と着実の上昇。
新進気鋭


△1 5 ワンダフルワールド
重要ステップレースのペガサスJSを優勝
末確か

△2 7 オジュウチョウサン
堅実な走りを評価。
勝ちきれないが・・・・
入賞圏内

× 4 マイネルフィエスタ
重賞で堅実な好走。
近走前に行けてないが、前に出て行っての粘りを見せられれば。
好走出来


買い目は割愛
これで!!


posted by HAL at 00:22| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

桜花賞予想

春のGT第一戦『高松宮記念』は、外枠の2頭軽視し無印は正解も、勝ち馬ビックアーサーの印を軽くした為に本命ミッキーアイル2着も、馬券はトリ紙に(><)
印は△3−◎−▲となり、2−3着馬で馬券獲れていれば・・・・

初のクラシック開幕!!
『桜花賞』
暮れの2歳女王が、近年結果が出ていない異例のローテで本番に挑む!!
圧倒的人気の『女王』に各トライアルの淑女は抗しえるのか?
牡馬クラシックにもいい流れで繋げたい。


◎ 5 メジャーエンブレム
阪神JF優勝馬
暮れの大一番を制し2歳女王を戴冠後は、クイーンCで今季始動し、大一番に。
クイーンCから桜の女王になったのは、名牝ティタニアまで遡ること数十年・・・・
果たしてその決断は?
鞍上も新馬から手綱を取り続けるルメールで、弱点はやはり前述ローテのみ。
類まれなる速さで、他の少女たちを寄せ付けず!?
主軸鉄板!!!!


〇 12 シンハライト
チューリップ賞優勝馬
最重要トライアル・チューリップ賞を▲との接戦をレースレコードで制し本番に!!
勝負根性一級品!!
無敗戴冠可


▲ 13 ジュエラー
チューリップ賞2着馬
〇とのゴール前の接戦にハナ差敗れも、負けて強しの印象!
重賞連続2着で能力は確か。
鞍上も引き続きミルコが取り抜かりなし!!
渋太い


△1 10 アットザシーサイド
フィリーズレビュー2着
前走メンバー中最速の末脚!!
鞍上に長期負傷休養明けでも高松宮記念を制した福永を引き続き配す。
父キンカメ産駒は昨年戴冠!
好走可

△2 11 レッドアヴァンセ
エルフィンS優勝馬
前走チューリップ賞、大幅体重減&出遅れで8着惨敗(><)
血統一級品!!
馬体回復鍵

△3 15 ラベンダーヴァレイ
チューリップ賞3着馬
〇&▲に完敗も、叩き2戦目で前進更に見込め。
好走出来


買い目は割愛。
これで!!


posted by HAL at 22:36| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする