2016年08月15日

『シン・ゴジラ』鑑賞

今日はお盆休み中の月曜日。
地元のシネコンが1,100円で見れるので、エヴァンゲリオンの庵野秀明監督で話題の『シン・ゴジラ』を鑑賞(^^;;

上映1時間前に席の予約時はそんなに埋まっていなかったが、上映が始まるとそこそこ埋まり。

以下ネタバレ含みますので注意!!


序盤の『想定外』の事態に右往左往の政府や関係諸機関の官僚のグダグダ感がリアルw
初期のゴジラの姿に『??』と似た姿の別の怪獣と思ってしまうほどの変な『第一形態』

主人公の内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じる長谷川博己のアツい演技がいいですね^^
上役の竹野内豊扮する総理大臣補佐官・赤坂秀樹との現実を直視し進む彼と、理想の形を求める蘭堂との丁々発止の遣り取り、そして蘭堂の元に集ったゴジラ対策チームのその得意分野を生かしたミッションと、あっという間の二時間でした^^

進行するばかりで建物の破壊だけのゴジラの突然の『覚醒』で炎に包まれる首都東京(><)
その青白い熱戦に首相以下主要閣僚が被災し、残された者たちで臨時内閣編成。
豆鉄砲の攻撃ヘリの銃撃&ミサイル攻撃、戦車隊&特科の攻撃も一時の足止めにしか・・・・
対艦番長F-2のJDAMもやはり足止め(><)
見かねた米軍のステルス爆撃機B−2のバンカーバスター?が漸く一矢報いるも、先に述べた『覚醒』で空への攻撃手段獲得で世界一高価な爆撃機が次々灰燼に(TT)

休眠状態のゴジラに対して多国籍軍編成で、その対抗手段が『核』による東京諸共ゴジラの焼却(><)

蘭堂率いるチームの『対ゴジラ作戦』の進捗や実施までの関係各所との遣り取りが『ヤシマ作戦』を彷彿^^
コンクリートポンプ車での薬液注入が福島第一での冷却水注入のオマージュかな?

ゴジラのフルCGがどうかと思いましたが、違和感なく見れ、ハリウッド版の二作とは段違い!!
面白く、素晴らしい映画でした!!

まあ、一転難があるとすれば、事前情報で伊集院光氏や他の人が指摘したヒロイン?米国大統領特使を演じる石原さとみの英語が(><)
ネットに挙げられていたルー大柴ばりの英語交じりの日本語が萎えさせますね(><)
どうせなら普通に外国人女優(例えば『マッサン』のシャーロット・ケイト・フォックス)とかの方が違和感が無さそうです・・・・

あとは『劇場版エヴァンゲリヲン』の完結編を早く作って欲しいですね>庵野監督

posted by HAL at 22:28| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441071173

この記事へのトラックバック