2017年06月24日

宝塚記念予想

いよいよ春のGTシーズン総決算GP『宝塚記念』
日本競馬界の大将とも言うべき『キタンサンブラック』に挑戦状を突きつけたのはわずか10頭・・・・
大雨予報で馬場状態が不安視される中、初の春の古馬中長距離3冠を狙う!!
いい形で秋のシーズンへ締めくくりたい!!


◎ 10 キタサンブラック
春古馬二冠馬
前走天皇賞春は、4角先頭から押し切る横綱相撲で大阪杯に続くGT連勝。
馬場悪は経験ないが、母父サクラバクシンオー譲りのパワーでこなせる筈。
鞍上もいつもの名手ユタカで盤石の態勢。
勝って勇躍、秋の凱旋門賞へ!!
王者盤石!!


〇 8 ミッキークイーン
阪神牝馬S優勝馬
前走ヴィクトリアマイルは、先年の同レースの負傷がトラウマなのか、左回りの東京では末脚弾けず惨敗(><)
GPは昨年の有馬でも牡馬相手に5着と健闘、馬場も阪神牝馬Sで経験と侮れず。
昨年も牝馬が戴冠と、好相性!?
王者撃破も


▲ 2 ゴールドアクター
一昨年有馬記念優勝馬
前走天皇賞春は、痛恨の出遅れで為す術なく敗退も、7着まで追い上げたのは底力。
鞍上に再び名手横典を迎え、今度は春のGP戴冠を狙う!!
重馬場もAR共和国杯で優勝と懸念なし。
好走可


△ 11 サトノクラウン
香港ヴァーズ優勝馬
前走大阪杯は3番人気も、-12kgと仕上げ過ぎたのか6着敗退(TT)
一息入れての再調整で今度は万全の調整へ。
馬場も京都記念優勝時に経験と問題なし。
雪辱期す

× 5 シュヴァルグラン
天皇賞春2着馬
長距離指向の本馬にとって距離短縮は不向きも、昨年の両GP以外は好走。
距離懸念も切り捨ては・・・・


買い目は割愛


これで!!
posted by HAL at 23:08| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック