2012年11月26日

にじファン移転先&近況一覧

7月の『にじファン』消滅に伴い、『小説を読もう』のユーザーお気に入り作品リストや、気になってブックマークしたものの移転先&状況を整理ひらめき

投稿後、活動報告ないものも多く、このまま消滅の作品も多くありそうもうやだ〜(悲しい顔)


にじファン移転先一覧



posted by HAL at 22:23| 秋田 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめSS紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

おすすめSS紹介

今回はこれひらめき


タイトル:『英霊達とリリカルまじかる頑張ります』
作者:MRZさん
掲載サイト:Arcadia (とらは板)
原作&ジャンル:魔法少女リリカルなのはシリーズ(一部とらは含む)×Fate stay/nightとのクロス

あらすじ:
思い思いの孤独を抱えた少女たち。
ある日、彼女達の前に現れたのは異世界のサーヴァント達だった。

父の怪我で寂しさを堪えながら健気にがんばる『なのは』の元へは『セイバー』が
亡き愛娘への狂気に取り付かれつつあった母を心配する『フェイト』の元へは『ランサー』が
天涯孤独の車椅子の少女『はやて』の元へは、家族として『アーチャー』が
大企業令嬢故誘拐されかけた『アリサ』の元へは『佐々木小次郎』が
『夜の一族』という秘密ゆえに心を開くことに躊躇しがちな『すずか』の元へは『ライダー』が

彼女らとの触れ合いによって、少しづつ変わりありつつある未来。
父の快癒、姉との邂逅、家族の団欒、気になる相手、優しく包んでくれる二人目の姉・・・・

更にサーヴァントとの邂逅は、彼女らの恋模様ハートたち(複数ハート)を複雑にひらめき
セイバーやアーチャーとの触れ合いによって逞しくなりつつあるユーノには、なのは・フェイト・すずか
頼れる相手として、また気兼ね無く言い合いを言える相手としてランサーには、リニス・アルフ、そして再びの青春揺れるハートのプレシアわーい(嬉しい顔)
ここでもジゴロぶりを発揮のアーチャーは、ノエル・ファリン・シャマル・ぬこ姉妹(?)、そして亡き夫との想いに悩みつつ惹かれ始めたリンディ揺れるハート
アリサも小次郎に淡い恋心を抱き、独占欲を発揮むかっ(怒り)
そして美由希も参戦パンチ

無印編では、ジュエルシードをサーヴァントたちが見事制御し、テスタロッサ家を救い、
連載中のA’s編では『闇の書』の悲劇を食い止めようと、より良い結末を目指して、ヴォルケンリッターと共にサーヴァントたちが協力中パンチ

Stsへ繋がる道には、ギルガメッシュ、バーサーカー、キャスターをはじめ、まだまだサーヴァントたちが出現中ぴかぴか(新しい)

頻繁に更新あって、読み応えもあり、双方の作品の良いところが見事に融合。
笑いあり、涙あり、思わずニヤニヤする描写ありと、本編に優るとも劣らない出来わーい(嬉しい顔)
お奨めの一作ですexclamation×2
posted by HAL at 10:19| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめSS紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

おすすめSS紹介

今まで読んだSS(二次小説)や創作小説の中で面白かった物を紹介したいと思いますひらめき


タイトル:『リリカル in wonder』&『リリカル in wonder U』
作者:角煮さん
掲載サイト:Arcadia & All:C(角煮さんサイト)
原作&ジャンル:魔法少女リリカルなのはシリーズ、異世界憑依もの

あらすじ:
目覚めた先は、時の庭園の処理施設の中。
廃棄されたフェイトの失敗作(男性体)に憑依した主人公は、エスティマと名乗り、同じく廃棄されたリニスのプロトタイプデバイス『Lark』を手に原作知識を生かしながらなのは世界を渡る彼。
スクライアの一族に拾われ、ユーノの兄弟となったエスティは、フェイトの生き別れの兄を名乗りつつ、支援していく。
母から兄へ依存が移ったフェイトは、その後まさかの事態に。
A'S編では、全てを救う為に駆け回ろうとするが、疑心暗鬼に陥ったシグナム&シャマルの暴走で、まさかの死亡。
フェイトは兄恋しさで、まさかのヤンデレ化。
あの人の処置でプロトタイプレリックウェポン(本人知らず)として甦ったエスティは、闇の書を消滅させ、第一部完。

Uでは、舞台をstsに移し、対レリック&スカリエッティ部隊を創設。
闇の書事件の処置で、消滅処分となったシグナムを新たな守護騎士システムで娘として迎え(シャマルは、なのはが保護)、家族として暮らしつつ、ゼストら原作壊滅フラグを折るべく奮闘。
生還時に出会った看護師の少女と絆を深めるも、その正体はチンクという、ロミ・ジュリ展開。
敵味方に別れつつも、互いに想う気持ち故に複雑な二人が秀逸。
なのは、フェイト、はやての絆と相まって、複雑な恋愛関係が絡んだ事態も必見。
プロトタイプゆえに、次第に儘ならぬ体と、愛機『Lark』を失った喪失感に苛まれる彼。
敵であるスカから思いがけず進呈された新たなる愛機『Seven Stars』を駆使し、病んだ体を推す。
そんな彼に感化されたのか、スカリエッティが出頭し、事態は混沌へ。
不甲斐無い彼に代わってクアットロが後継者と共に最後の壁となって立ち塞がり、
そして、投降し、協力者となったチンクと共に彼は、最後の戦いに赴く。

従来のSSと違い、チンクをメインヒロインとしている点が興味深い。
勿論、マルチエンディングで、なのはEND、はやてEND、そして禁断のフェイトEND(同じクローン体なので兄妹扱い)もあり、どのファンでも一応楽しめます。
やはり、互いに意識しだしたエスティマとチンクの初々しいところと、数々の困難を乗り越え、ラスト結ばれる様が感動。
お勧めです
posted by HAL at 10:39| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめSS紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする